コーギーの子犬のことならコーギー専門ブリーダーの HagenBeck へ

コーギー子犬専門ブリーダー コーギー子犬専門ブリーダー


コーギー健康管理メニューtop

・伝染病・寄生虫・人畜共通 疾患
・夏場の管理・消毒いろいろ・ シルバーライフ
・当店が予防している疾患

夏場の管理



夏場の管理


フィラリア


概要
フィラリア
蚊が媒介。
フィラリアは、犬の心臓や肺の血管内に寄生し、血液中の栄養分を吸って生きる細長いそうめんのような白い虫で、別名を犬糸状虫という虫です。
犬フィラリア症の症状として、元気・食欲減退、咳、削痩さらに呼吸が苦しそうになります。症状が進行してくると、おなかが膨らみ、血様尿をすることがあります。

原因
成虫は長さ約17〜30cmで、感染すると心臓・肺はもちろんのこと肝臓・腎臓などに異常をきたします。犬フィラリア症は発見が遅れると死に至る確率の高い疾患です。
フィラリア成虫は犬の体内で幼虫(ミクロフィラリア)を産みます。
その犬の血を蚊が吸うと、蚊の体内でミクロフィラリアは成長し、感染能力のある幼虫に成長します。
ミクロフィラリアを体内にもった蚊が犬を刺したとき、ミクロフィラリアが蚊から犬の体内に入って、犬に伝播します。
犬の体内に入ったミクロフィラリアは約3ヶ月間は皮下や筋肉の中で成長し、そのあと静脈から血管に入って血液の流れに乗って心臓に向かい、感染から約半年後に心臓や肺動脈に住みついて成虫になります。
もし雄と雌に感染したしまった場合、フィラリア成虫は犬の体内でミクロフィラリアを産み、ミクロフィラリアは血液に乗って犬の全身を流れながら蚊に吸われる機会を待ちます。
このように、蚊と犬の体内を巡回しながら他の犬に伝播していきます。

予防
フィラリアの予防はミクロフィラリアのうちに駆除するということが重要です。
ですから蚊が見られなくなっても、しばらくは継続して薬を飲ませる必要があります。
駆虫薬は各種予防薬があるので、獣医師にご相談ください。

ノミ感染症


概要
ノミ
犬に寄生するノミは犬ノミ、猫ノミが圧倒的に多い。
これらのノミの吸血や排泄物によって起きる皮膚病の一つです。

原因
初期には尻尾、腰、下腹部などのノミが好きな寄生部分に、丘疹や紅斑がみられ、、痒みに対する犬の自虐性咬傷による皮膚の損傷が起きます。
やがて皮膚損傷部位は2次感染を受けて急性湿性皮膚炎へと進行します。
また、ノミの唾液がアレルゲンとなって、寄生局所及び全身に痒みが起こる場合があります。
慢性期には長期には渡るアレルギー皮膚炎で、脱毛、落屑、皮膚肥大、色素沈着などがみられ、重度のノミの寄生では貧血症状が出る場合があります。
ノミの生態系:メスのノミはたった1日で20〜50個の卵を産み、ノミの卵は犬が室内を移動するたびに、生活環境中に落下します。
卵は2〜5日程で、ふ化すると幼虫となり、光を避け暗い場所(絨毯やホコリなど)へ移動し成長していきます。
幼虫は7〜14日で、サナギになります。そしてその丈夫な”まゆ”のなかで成虫になります。”まゆ”の中までは、殺虫剤は入り込めないので効果がなく、約10日ほどで成虫になる準備が整います。
その後、宿主がはく二酸化炭素や震動に反応して羽化し、犬に寄生します。
震動や二酸化炭素などの刺激がなければ、ノミはまゆの中で最大で50週生存することができます。

予防
ノミの寄生は肉眼でも確認できますので、シャンプーやブラッシングの際によくチェックしましょう。
ノミの排泄物は黒コショウ状なので、尻尾の付け根や腰や腹の部分に、黒いつぶつぶが確認されたらノミの寄生を疑ってください。
ノミが大量に寄生している場合、シャンプーをするとノミの排泄物が溶け出し、排泄物のある場所が赤褐色に染まるので確認しやすいでしょう。
またノミの寄生が疑わしい場合にシャンプーをする時は、頭部からお湯をかけていき、ノミを体の後ろの方に押し出すようにしましょう。
ノミの予防にはノミ取粉、ノミ取り首輪、ノミ取りシャンプーなどがありますが、もっとも効果が高いのがノミの駆除剤です。
点下式の薬がありますので、獣医師に相談してください。

〒639-0261奈良県香芝市尼寺2-300-2
(国道168号線沿い、JR・畠田駅徒歩10分)
PetLand HagenBeck
担当:伊藤
TEL・FAX:0745-43-7595
e-mail:info@hagenbeck.net
個人情報


コーギーメニュー

手作りのオーダーメイド首輪
首輪メニュー


通販法表示義務