規約改訂(2007.07.03)


●売主責任
店頭での譲渡の場合、売主は譲渡する子犬に最低でも一回のワクチン接種を受けさせなければならない。輸送での譲渡の場合、売主は譲渡する子犬に最低でも二回のワクチン接種を受けさせなければならない。いずれも獣医師による診断書が必要である。

(改訂)
店頭での譲渡の場合、売主は譲渡する子犬に最低でも一回のワクチン接種を受けさせなければならない。輸送での譲渡の場合、売主は子犬が空輸に耐えうるか判断し、空輸時の事故の責任を負う。なおワクチン接種には獣医師の証明書が必要である。

(改訂理由)
コーギーの生後60日であれば、空輸に十分耐えうる体力があると判断したため。

●引渡し時期
店頭の場合、一回目のワクチン接種後、生後60日前後とする。その判断は売主が行う。輸送の場合、二回目のワクチン接種後、買主と売主の協議の上、引渡しとなる。この場合も最終的な判断は売主が行う。また売主は子犬の状態および輸送条件の悪化により引渡しの延期ができる。その場合には速やかに買主に理由と延期する旨を通知しなければならない。

(改訂)
店頭の場合、一回目のワクチン接種後、生後60日前後とする。その判断は売主が行う。輸送の場合、買主と売主の協議の上、引渡しとなる。この場合も最終的な判断は売主が行う。また売主は子犬の状態および輸送条件の悪化により引渡しの延期ができる。その場合には速やかに買主に理由と延期する旨を通知しなければならない。

(改訂理由)
コーギーの生後60日であれば、空輸に十分耐えうる体力があると判断したため。

●アニコムあんしん動物総合保障制度
・運用上の問題は買主とアニコムとの交渉となる。

(改訂)
動物保険
・運用上の諸問題は買主と民間保険会社との交渉となる。

(改訂理由)
取り扱う保険会社が増えたため。

●契約の運用
・問題が生じた場合、本契約内容に従い誠実に問題解決にあたる。
・買主から子犬代金(一部、及び全額)が支払われた時点で本契約を認めたものとし、効力が発生する。
・買主は契約内容を保存しておく義務がある。買主は本契約書を二部印刷し(プリントアウトが困難な場合は売主からFAX・郵送する)、一部を署名捺印したうえ子犬の引渡しまでに売主に郵送(FAX可)する。
・本人確認できる書類のコピー(免許書・健康保険書等)を、子犬の引渡しまでに売主に郵送(FAX可)する。


(改訂)
買主は契約内容を保存しておく義務がある。買主は本契約書を売主に請求した後、一部を署名捺印したうえ子犬の引渡しまでに売主に郵送(FAX可)する。

(改訂理由)
契約書に書かれた名義人を唯一の所有者とすることで、本人確認は不要と判断し削除する。

平成19年7月3日
PetLand HagenBeck
代表 伊藤友律