コーギーの子犬のことならコーギー専門ブリーダーの HagenBeck へ

コーギー子犬専門ブリーダー コーギー子犬専門ブリーダー

コーギーのことトップ>スタンダード
コーギーのスタンダード コーギーの図解





コーギーのスタンダード(JKC)

原産国イギリス
沿革と用途カーディガンよりは新しい犬種である。しかし1107年までさかのぼることができる古い犬種である。 ペンブロークの直系の祖先犬は、フランドル(フランス・ベルギーの大西洋に面した地方)の織工がウェールズに移住した際もたらされたとも、ヴァイキングが活躍していた頃、スウェーデンの犬がこの地に居残ったもとのいわれている。古くはヘンリー2世(1133−1189)、現代においては英国王室に愛され、王室の犬といえばこの犬種と思われているほどである。カーディガンとくらべて尾や耳先に特徴があるが、19世紀中ごろ以前は両者が交配されていた事もあり、相違点が多い。おもにウェールズのペンブロークシャー地方で飼育されていた。かつては農場などで作業に従事していたが、現在は家庭犬として飼育されている。
一般外貌短脚で地低く力強く、頑健である。達耳、胴長、短尾の活動的な小型犬である。
性格警戒心に富み、大胆であるが、従順な性質を有している。
頭部頭部の形と外貌は狐に似て、知的な表情をもっている。スカルはかなり広く、両耳間は平らである。ストップは中位で、マズルは先細で、鼻筋は真っ直ぐで鼻は黒い。歯は健全でシザーズ・バイトである。目は中位の大きさで、アーモンド形でやや丸く、目は毛色に準じてより暗色がよい。耳は直立した中型である。先端がわずかに丸い。
ボディキ甲は高く、背は真っ直ぐで、腰は幅広く筋肉がつき、尻は丸みをもっている。肩はよく傾斜し、胸は広く深く、沸き助はよく張り、腹はよく引き締まっている。
短く、自然のままがよりよい。
四肢前肢は短く骨太くできるかぎり真っ直ぐがよい。後肢も骨太く短く、柔軟で弾力性に富んでいる。指趾は楕円形でよくにぎられ、パッドは厚く丸みと弾力がある。爪は堅く暗色である。
被毛と毛色中位の長さの堅い毛が密生している。毛色はレッド、セーブル、フォーン、ブラック・タンなどで四肢、胸、頸に白斑がある。頭部と顔に白毛(ブレーズ)があってもさしつかえない。
歩様活発で軽快な歩様
サイズ体高 牡牝ともに25cm〜30.5cm  体重10kg〜13.5s
欠陥失:陰睾丸   欠点:極端な不正咬合、シャイ、長毛


〒639-0261奈良県香芝市尼寺2-300-2
(国道168号線沿い、JR・畠田駅徒歩10分)
PetLand HagenBeck
担当:伊藤
TEL・FAX:0745-43-7595
e-mail:info@hagenbeck.net
コーギー子犬の個人情報


コーギーメニュー


首輪メニュー


通販法表示義務